ランフラットタイヤについて

ビジネス05

 

ランフラットタイヤは空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。ISO規格では空気圧0の状態で速度80Km/hで80㎞を走行できることが求められています。

 
パンクなど空気圧0の状態でも走行可能なので、高速道路上でのパンクに伴う事故の防止、タイヤ交換に伴う危険を避け、二次災害の予防など安全性の確保を行うことができます。さらにパンクに備えたスペアタイヤが不要になるので、重量軽減による燃費の向上やスペアタイヤに使われるの資源の節約など、省資源化に貢献できるという特徴もあります。パンクしていてもタイヤの見た目やハンドルに伝わる感覚などではわかりにくいので、空気圧センサーも同時に装着する車がほとんどです。万が一パンクしたときなどはコンソールに警告灯などで表示される仕組みになっています。

 
空気圧が0になっても走れるように、パンクしたときににタイヤを支えるサイドゴムの補強や、通常時よりも発熱しにくいゴムの採用、ホイールからタイヤが外れにくい構造などでタイヤ全体が強化されています。

 
このように安全に走り続けるためには多くのメリットがあるタイヤですから、乗っている車に装着できるのであれば、積極的に使用することをおすすめします。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:56 AM