エンジンオイルの役割とは

エンジンオイルにはいくつかの種類がありますが、基本的には3つあります。

 

一つ目に鉱物油、2つ目に部分合成油、3つ目に化学合成油この3つが基本的なエンジンオイルの種類になるのですが、まず鉱物油についてですが、鉱物の油で穴を掘って出てきた油を精製したものです。

 

値段的にはこの鉱物油が一番低価格になります。

 

次に化学合成油ですが、人がエンジンの為に人口的に作ったオイルになります。

 

この2種類の油を比べて見ますと、鉱物油の場合は穴を掘って出てきた油なので不純物が多いです。

 

化学合成油の場合は人工的に作られたものであるために基本的には不純物が入っていません。

 

そして部分合成油は鉱物油をベースに化学合成油を混ぜたものになります。価格は化学合成油のオイルが一番高い値段になります。

 

これは添加剤によるものです。人工的に作られた油の中にエンジンを保護する物質だったり、潤滑をさらによくする物や、エンジンの熱によって油の粘度が変化しない物などの様々な物が添加剤として取り入れられています。

 

オイルで一番大切な事はそのオイルの役割が正しく生かされているかです。

 

何がオイルの良いいところ悪いところを決めているかとはエンジンを開けたときにカムシャフトの山やクランクメタル、ピストン、シリンダーの傷、ギヤー、ミッションがどうゆう風に消耗していくか、これらをしっかり守る事が出来るオイルはとても良いオイルになります。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:51 AM