エンジンオイルについて

パソコン09

 

 

エンジンオイルというのはエンジン内の動作の滑りを良くしたり、油膜でエンジン内部を守る働きがあります。しかし、オイルのため酸化しやすいのが弱点です。酸化したオイルを使い続ければ、エンジン内の動作が悪くなり燃費が悪くなってしまいます。また、エンジンの寿命を縮めてしまいます。
 

現在は様々なメーカーから多種多様なオイルが発売されています。1年間交換する必要がないものや、エンジン内部を守る油膜を強化しているものがあります。しかし、これらのオイルは非常に高くコストパフォーマンスは決して高くありません。
 

オイルは高性能である必要はありません。高性能のオイルは基本の性能に付加価値を付けているだけなので、必ずしも必要な付加価値ではないのです。オイルの役目はあくまでもエンジンを守ることにあります。
 

オイルは安いもので構いません。安いものでも十分にエンジンを守るという役目を果たします。ただし、安いものは酸化するスピードが速いのです。つまり、交換時期さえしっかりと守っていれば問題ないのです。目安として3ヶ月ごとに交換することがとても大切なのです。
 

安いオイルを3ヶ月おきに交換することがエンジンを守ることになるのです。”

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 6:02 AM