ランフラットタイヤについて

ビジネス05

 

ランフラットタイヤは空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。ISO規格では空気圧0の状態で速度80Km/hで80㎞を走行できることが求められています。

 
パンクなど空気圧0の状態でも走行可能なので、高速道路上でのパンクに伴う事故の防止、タイヤ交換に伴う危険を避け、二次災害の予防など安全性の確保を行うことができます。さらにパンクに備えたスペアタイヤが不要になるので、重量軽減による燃費の向上やスペアタイヤに使われるの資源の節約など、省資源化に貢献できるという特徴もあります。パンクしていてもタイヤの見た目やハンドルに伝わる感覚などではわかりにくいので、空気圧センサーも同時に装着する車がほとんどです。万が一パンクしたときなどはコンソールに警告灯などで表示される仕組みになっています。

 
空気圧が0になっても走れるように、パンクしたときににタイヤを支えるサイドゴムの補強や、通常時よりも発熱しにくいゴムの採用、ホイールからタイヤが外れにくい構造などでタイヤ全体が強化されています。

 
このように安全に走り続けるためには多くのメリットがあるタイヤですから、乗っている車に装着できるのであれば、積極的に使用することをおすすめします。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:56 AM

タイヤパンク応急修理キットについて

ビジネス04

 

 

最近の自動車には軽量化やコスト削減の為に、スペアタイヤが載っていない事が多くなっています。

 

タイヤがパンクするという事はそう滅多に有ることではないので、気にしたことが無いという人も多いはずです。

 

ですがいざパンクしてしまうと、困ったことになってしまいます。

 

そこで、タイヤパンク修理キットを車に載せているという人が、増えています。こ

 

れならスペアタイヤの様に重たくありませんし、トランク内のスペースを取ることもありません。

 

使い方もとても簡単で、初めての人でもほぼ迷うこと無くパンクを直すことが出来ます。

 

タイヤの側面が裂けるようなパンクの場合は対応出来ませんが、釘が刺さった程度ならほぼ完全に直す事が出来ます。また入手性も良く、自動車用品店等に行けば手頃な価格で購入する事が出来ます。

 

ただし修理キットだけでは、パンクを直すことは出来ません。タイヤに空気を入れるための、コンプレッサーが必要になります。車載用の小型のコンプレッサーも自動車用品店などにおいてありますので、一緒に購入する事をおすすめします。

 

出先でパンクしてしまった時や、ロードサービスを呼べない状況で大変に役に立ちます。備えておけば安心して、ドライブを楽しむ事が出来るでしょう。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:55 AM

応急スペアタイヤについて

ビジネス03

 

 

タイヤの技術もかなり向上していますので、道路の整備もあって、最近ではパンクしている車両を見ることが少なくなってます。それでも空気圧不足などで、急なパンクには困ります。

 
そんな急な時のタイヤのパンクに備えて、クルマには応急スペアタイヤが、装備されています。最近は軽量化やスペースの関係から、スペアタイヤに代えて、応急修理セットなるものを、備えているクルマも増えてきています。また高級なクルマになると、パンクしても少し位の距離なら、走行出来る車両も出てきてます。

 
それでもまだ、応急用のタイヤが搭載されているクルマがほとんどです。
スペアタイヤは車体の下や、トランクに積まれてあることが多く、普通のタイヤよりも、幅が小さくて接地面積も少ないです。空気圧も2倍以上という特徴もあります。

 
またスペアタイヤをいつまでも、使い続ける事は危険です。グリップ能力が低い為に、スピードを出しすぎたり、距離を走行すると故障の原因にもなります。
応急対策として利用しているので、早めに正規のタイヤに交換する必要があります。

 
いざと言う時に困らない様に、普段から空気圧のチェックや、車載工具や交換手順など、点検・整備をしておくと良いです。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:54 AM

アルミホイールの選び方(サイズの見方)編

ビジネス02

 

 

タイヤのアルミホイールを選ぶという場合には、使用する自動車に合ったものを選ぶことが重要となります。具体的には、ホイールとリム幅、PCD、オフセットなどが適合することをチェックするようにします。PCDとは、ホールをハブに取り付けるためのボトル穴の長さの距離の事を言います。

 
ホイールを選択する場合には、まず自動車の純正サイズを確認するようにします。このサイズは取扱説明書に記載されていますし、専門店で購入する場合にはスタッフに問い合わせることで調べてもらうことも可能です。

 
タイヤとホイールとは基本的にセットで保管するようにします。何度も付け替えを行うと損傷しやすくなるため、避けるようにします。タイヤにホイールを装着することによって、履き替え時間を短縮することが出来ますし、それによりコストダウンにもなります。

 
ホイールを交換する費用としては、ホイールの種類や車両のタイプにも寄り異なります。なお、タイヤ交換をするだけであれば、1時間ほどで作業は終わります。費用は作業を行う店舗などにより異なりますので、あらかじめチェックするようにしましょう。

 
分からないという場合には、相談しながら選ぶとトラブルなく購入することが出来ます。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:53 AM

タイヤの選び方(サイズの見方)編

ビジネス01

 

皆さんはカータイヤにこだわりを持っていますか。

 

どれでも同じと思うのは大間違いです。それぞれの特徴を知って、きちんと自分で、車に合ったものを選択することで車への愛着も一層わいてくるものです。

 

今回は選び方についてのポイントを書いていこうと思います。

 

車の中で唯一地面と接している場所なので、車の性能に影響を及ぼします。愛車を大切に乗っていく為にもこだわっていきたいところです。種類が多いので悩みますが、選ぶときに必要な事としてはサイズと銘柄の確認・車種・車の使用目的・自分が重視しているポイントなどを踏まえると種類を絞ることができます。サイズに関しては、装着する車に合わせた様々な種類があります。サイドウォールに基本仕様を表した数字とアルファベットが表示されています。例えば、205/65R 15 94Hと表示されている場合、205は幅・65は扁平率・Rはラジアル・15はリム径(インチ)・94はロードインデックス・Hは速度記号という意味になります。これを基本にして選んでいきます。それを踏まえた上で、乗り心地や静粛性、経済性、環境性、高速道路を走行する時の安定性など、車のメインの使用目的に合わせて選ぶのがポイントです。

 

 

そのためにも様々な情報を集めて、色々な種類を比較して自分にとってベストなものを選ぶことが大切です。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:52 AM

カータイヤの種類と特徴について

パソコン12

 

カータイヤには二種類あり、それはサマータイヤとスタッドレスタイヤです。日本には四季があり、走行環境により適しているタイヤをはくことで安全性が確実にアップするのです。

 
まず、サマータイヤの特徴をお話します。こちらは舗装路を走行するときに適したもので、最近はエコタイヤと呼ばれる低燃費タイヤもこの種になります。夏だけに使用するタイヤというわけではなく、バリエーションも幅広くスポーツタイプや乗り心地重視タイプがあります。

 
そしてスタッドレスタイヤの方は、雪道やアイスバーン時の性能が高く、滑りにくさを備えています。こちらは昔の冬タイヤのように鋲が使われていないタイプだというところから命名され、舗装路でも走行可能な利点もあります。

 
走行時の安全性を高めるためにタイヤの履き替えは必要な作業となります。タイヤのゴム部分には溝があり、消耗品ゆえに溝の深さが規定値以下になったり、場合によっては亀裂や何かが刺さってしまっているようなことがあります。しかしタイヤ交換を定期的に行えば、事故につながる前に気づくことができます。タイヤ交換は専門ツールを使い安全に手順を守れば、一般の人でも作業可能です。ショップに頼むこともできますし、愛車のメンテナンスも兼ねてタイヤチェックを定期的にされることをおすすめします。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:52 AM

エンジンオイルの粘度と等級(グレード)の関係とは

パソコン11

 

エンジンオイルの性能を表す表示はいくつかありますが、その中でも最も重要なのが粘度とグレードであり、これらが自動車に合ったものを使用することが推奨されています。

 
オイルの粘り気と言うのは、二通りの性能で表示されています。一つは、低温で固まりにくい性能を表す表示であり、この性能が良い方が、朝一番にエンジンを起動させたときに、エンジンに与える負荷が小さくなりますし、燃費も良くなります。また、もう一つは高温時に固まりにくい性能を表す表示であり、この性能が良いほど高温に耐えるオイルになります。自動車の使い方に応じて、エンジンオイルの粘り気の性能も選ぶ必要があります。スポーツカーやターボエンジンを搭載した高出力のエンジンならば、高温時に固まりにくい性能のエンジンオイルを使うべきですし、日常使う自動車ならば、低温時に固まりにくいオイルを選ぶべきです。

 
一方のグレードとは、ガソリン車の場合には頭文字がSで始まり、2番目に付くアルファベットがアルファベット順で後のものほどグレードが高いものになります。例えば、SFというグレードよりもSGと言うグレードの方が高性能と言うことになります。このグレードは、車種によって推奨されているものが違い、取扱説明書などに記載されています。しかし、指定のグレードよりも高い等級であれば、使用しても構いません。但し、グレードの高いものの方が値段は高くなります。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:51 AM

エンジンオイルの役割とは

エンジンオイルにはいくつかの種類がありますが、基本的には3つあります。

 

一つ目に鉱物油、2つ目に部分合成油、3つ目に化学合成油この3つが基本的なエンジンオイルの種類になるのですが、まず鉱物油についてですが、鉱物の油で穴を掘って出てきた油を精製したものです。

 

値段的にはこの鉱物油が一番低価格になります。

 

次に化学合成油ですが、人がエンジンの為に人口的に作ったオイルになります。

 

この2種類の油を比べて見ますと、鉱物油の場合は穴を掘って出てきた油なので不純物が多いです。

 

化学合成油の場合は人工的に作られたものであるために基本的には不純物が入っていません。

 

そして部分合成油は鉱物油をベースに化学合成油を混ぜたものになります。価格は化学合成油のオイルが一番高い値段になります。

 

これは添加剤によるものです。人工的に作られた油の中にエンジンを保護する物質だったり、潤滑をさらによくする物や、エンジンの熱によって油の粘度が変化しない物などの様々な物が添加剤として取り入れられています。

 

オイルで一番大切な事はそのオイルの役割が正しく生かされているかです。

 

何がオイルの良いいところ悪いところを決めているかとはエンジンを開けたときにカムシャフトの山やクランクメタル、ピストン、シリンダーの傷、ギヤー、ミッションがどうゆう風に消耗していくか、これらをしっかり守る事が出来るオイルはとても良いオイルになります。

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 11:51 AM

エンジンオイルについて

パソコン09

 

 

エンジンオイルというのはエンジン内の動作の滑りを良くしたり、油膜でエンジン内部を守る働きがあります。しかし、オイルのため酸化しやすいのが弱点です。酸化したオイルを使い続ければ、エンジン内の動作が悪くなり燃費が悪くなってしまいます。また、エンジンの寿命を縮めてしまいます。
 

現在は様々なメーカーから多種多様なオイルが発売されています。1年間交換する必要がないものや、エンジン内部を守る油膜を強化しているものがあります。しかし、これらのオイルは非常に高くコストパフォーマンスは決して高くありません。
 

オイルは高性能である必要はありません。高性能のオイルは基本の性能に付加価値を付けているだけなので、必ずしも必要な付加価値ではないのです。オイルの役目はあくまでもエンジンを守ることにあります。
 

オイルは安いもので構いません。安いものでも十分にエンジンを守るという役目を果たします。ただし、安いものは酸化するスピードが速いのです。つまり、交換時期さえしっかりと守っていれば問題ないのです。目安として3ヶ月ごとに交換することがとても大切なのです。
 

安いオイルを3ヶ月おきに交換することがエンジンを守ることになるのです。”

Filed under: 未分類 — えんじのいるとたいやのこうかんのまえに 6:02 AM